FC2ブログ

英語多読  “Coming Home” Heartland #1 

今日の多読は、児童書?。ティーンズ物です。
主人公は15歳の少女。SSSのYL(読みやすさレベル)では4.5~5.0。
単語のレベルはそれくらい、もしくはもう少しやさしいYL4。
文章が複雑じゃないので読みやすいように思います。
でも、単語のレベルって感じ方が人それぞれですね。
私は農場が出てくるようなお話をよく読むので、この本に出てくる単語はおなじみです。

         


“Coming Home” / Lauren Brooke (Heartland #1)

エイミーはもうすぐ15歳。母と祖父と一緒に暮らしている。
母は馬の傷ついた身体や心を癒すための牧場を経営している。
エイミーには姉のルーがいるのだが、エイミーの誕生日に家に帰ってくるという約束していたのに帰れないと電話してくる。

そんなある日、事故がおこってしまう。
目を覚ましたエイミーの目の前にいたのは姉のルーだった。
事故でエイミーは何日も気を失っていた。
その事故で母を亡くした姉妹は心の傷もいえないまま牧場の経営をするとになる。

母マリオンは馬を癒す特別の力をもっていた。その信用で成り立っていた牧場の経営は人手不足と共に深刻になってしまう。


疎遠になっていた姉妹は喧嘩がたえない。
母の死は自分のせい、ルーは母の死を悲しんでいないのかと考えてしまうエイミー。
自分の生活が突然変わってしまって、おまけに妹と気持ちがすれちがってしまったことに心をいためるルー。
読んでいて、二人の心のすれ違いにはらはらしてしまいました。
馬と少女の心のふれあい、なんだか「ホー」っと心がやさしくなるお話でした。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する