FC2ブログ

ドイツ語多少読 本日12月8日のアドベント

かわいい動物たちが表紙のクリスマス絵本です。

アドベントカレンダーから出てくる絵本は挿絵画家さんもお話を書いている人もバラバラです。
いろんなタイプのお話が読めるのが面白いです。

umeshu_455umeshu_convert_20121212110840.jpg

森のクリスマスパーティーのお話です。

★Das Weihnachtsfest im Wald

森の中にクリスマスツリーを育てて売っています。
一本、また一本と売れてしまって、森には小さくて貧弱なちょっと曲がったモミの木が一本残されました。
それを見ていたねずみは森の仲間を集めていいアイデアがあると話します。
その話に賛成した仲間たち、リスはクルミを、イノシシは松ぼっくりを、ハリネズミは雪の上に残されたりんごを...
みんなが持ち寄ったもので、一つ残された小さなツリーを飾ります。
歌って踊って、たのしいクリスマス!
祭りが去った後、小さなモミの木は「森にいる限り友達がいるんだ」と枝葉をのばすのでした。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する