FC2ブログ

ドイツ語のクリスマス絵本を買いました♪

注文していたドイツ語のクリスマス絵本が届きました♪

ドイツのクリスマスはアメリカや英語圏のそれと違っているのですよね。

   umeshu_435umeshu_convert_20121116143528.jpg

サンタクロースという単語はないのですよね、ドイツ語では。
Weihnachtsmann
「クリスマスの人」っていうのが直訳ですね。

英語のサンタクロースはセントニクラウス(聖ニクラウス)から来ているといいますが、
セントニクラウスは別にいらっしゃるのですよ~。ドイツでは。
ややこしいの。

でも、最近ではテレビ番組や映画なんかの影響でアメリカなどのクリスマスにも影響を受けているのでしょう。
今回買った5冊の絵本の2冊にはアメリカ風の赤い衣装を着たサンタさんが出てくるようです。

ぼちぼち、ゆっくり読んでいこうと思います。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

No title

はるこさん、おはようございます。

へぇ、サンタクロースって世界中どこも同じなのかと思ったら、実は違うのですね。
ちょっと興味深いです。
絵本の世界でも、そういうのを教えてくれて、とても面白いですね。
ゆっくり楽しんで、また色々教えてください。^^

2012/11/19 (Mon) 07:19 | picchuko #- | URL | 編集
Re: No title

picchukoさん、こんにちは~

> へぇ、サンタクロースって世界中どこも同じなのかと思ったら、実は違うのですね。
> ちょっと興味深いです。

 おもしろいですよ~
 オーストリアでも、アメリカのクリスマスと違うのですよ♪
 赤い服を着た私たちが知っているようなサンタさんはWeihnachtsmannと呼ばれています。
 赤い服を着るようになったのは最近でしょうね。アメリカのクリスマスの影響みたいです。

 プレゼントをくれるのは「クリストキント」(キリストの子?)と呼ばれる目に見えない妖精みたいな...
 見えないはずなのに天使のように描かれるようです。(笑)
 聖ニクラウスは聖ニクラウスの日に祝われるそうです。(12月6日だったかしら?)
 
> 絵本の世界でも、そういうのを教えてくれて、とても面白いですね。
> ゆっくり楽しんで、また色々教えてください。^^

 けっこう複雑な、思い入れがそれぞれなクリスマスのお祝い♪
 クリスマスマーケットは気楽に楽しめそうですね~
 一度そんな本場のクリスマスマーケットに行ってみたいです。

2012/11/19 (Mon) 17:57 | ☆☆☆はるこ☆☆☆ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する