FC2ブログ

英語多読 “Twister on Tuesday”

再読中のマジックツリーハウスのシリーズです。
再読なのに新鮮なのは私の記憶力があやしいってことですが、でもそれだけでもないかも。
そう思えてきました。

多読を始める前はアメリカの歴史などはほとんど知らなかったですから。
記憶に残り難かったのかも。
マジックツリーハウスのシリーズのお話はアメリカのことばかりではありませんが、21巻からの4話はアメリカの歴史です。

4っつのミッションは
・Something to follow
・Something to send
・Something to learn
・Something to lend

23巻は3番目のミッションです。

    
Magic Tree House #23: Twister on Tuesday (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #23: Twister on Tuesday (A Stepping Stone Book(TM))
(2001/03/27)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る


★Twister on Tuesday(MTH #23) / Mary Pope Osborne

ジャックとアニーは今回アメリカへ。(ってアメリカのこどもですが。)
大草原に向かいます。
でも、大草原には以前行ってインディアンの少年に出会っていました。
今度は時代が違うようです。
開拓者が西へ西へと向かっていた頃。
その頃、1870年代のカンザス。

そこにあった、たった3人だけの生徒がいる学校にジャックとアニーは向かいました。
教室のドアを開けたのは、まだ少女のような先生でした。
そこでふたりは開拓時代の生活の大変さ、彼らの勇気などを知るのです。


時代などから『大草原の小さな家』を思い出します。
ローラたちもバッタの襲来にあったりと大変な思いをしたのでした。
そうそう、ローラたちが住んでいたようなダグアウトと呼ばれる半分地下のような住まいもお話に出てきました♪

そして、カンザスで思い出すのは『オズの魔法使い』の竜巻です!
学校のこどもたちもジャックとアニーもどうしたらいいのでしょ~。

スポンサーサイト



テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する