FC2ブログ

スコットランド・アイルランドの旅 (その15)

旅行の日記がほったらかしになってしまいました。

私たちの旅はアイルランドにたどり着きました。
ジャイアンツコーズウェイでのんびりしてしまって、泊まる予定にしていたゴルウェイのB&Bに着いたのは9時くらいにはなっていたでしょうか?

翌日私たちはさっそく観光へ。
ここからそう遠くないところにモハーの断崖があるのです。

  resize0352_convert_20120728153208.jpg

このオブジェ似てるんだかにてないんだか?

  resize0351_convert_20120728153113.jpg

向こーのほうにみえる断崖の端まで行こうと歩いたのですが...思ったより遠いわ~。
途中であきらめて帰って来てしまいました。
でも、断崖の途中にはパフィンという鳥のコロニーがあるんです。

ちょっと見たんじゃわからないのですが、じっと見てるとあっちにもこっちにもパフィンがいるんです♪

モハーの断崖以外はあまりなにも調べていなかった私たち。
宿への帰り道、バレンというところに巨人のテーブルなんて呼ばれるものがあるというので見てみることに。

    resize0353_convert_20120728153329.jpg

でもね、巨人のテーブルって名前はどうも日本の観光会社かなんかがつけたのじゃないかな?
そんな立札も矢印もないの。
ドルメンというようですよ。

原始的な宗教の場だったようです。
このテーブルのようなものは死者を埋葬したところのようで、テーブルだなんて名前つけていいのかな?

このあたりの平原には石灰岩がごろごろしていて、洞窟もあるというのでちょっとのぞいてみました。
石灰岩、洞窟なんていうと秋芳洞を思い出す私。
秋芳洞よりずーっと小規模ですが、ぞろぞろ観光客がこないので、かえって神秘的かも。

洞窟とはまったく関係ないと思うのですが、チーズを作って売っているところがありまして、
そこで見つけたのが「羊のチーズ」!

  201204-0906-HIMG_0757_convert_20120731144243.jpg

旅にきてから羊ばかりをみかけるのですが、ヤギのチーズは有名でも羊のチーズって聞いたことないなぁってふたりで話したばかりだったんです。
初めてみるわ、羊のチーズ。

珍しいので買ってみました。
乳製品が体質的にダメな人にも大丈夫で、身体にもいいんですって~。

まぁまずくはないですが、ヤギのチーズのほうが断然おいしいですぅ。

のんびりしたところを眺めながら同じB&Bにもどったのですが、このB&Bが~。
いえ、宿が問題なのではなくて隣の部屋の客が問題で...。
女の子たちが集まっておしゃべり~、夜中になっても止まりません。
さすがに主人も業を煮やして、壁をゴンゴン!
やっとおしゃべりが止まりました~。これが最初の夜。

二日目は...11時くらいから出かけていくようです。
帰ってきたのは2時はまわっていた。
それからしゃべるわ、しゃべるわ!寝てたのに目が覚めたよっ。

ドンドン!と壁を叩いてやると寝たようですが、こんどはイビキがっ!
たいがいにせーよー。(怒)
まったく~
スポンサーサイト



テーマ: 海外旅行 | ジャンル: 旅行

コメント

はるこさん、こんばんは!^^
すごい巨石ですね~。
でも、アイルランドやスコットランドって、こんなイメージがします。(あくまでイメージですが^^;)
こんな場所に黒い衣をまとった魔女達が現れても不思議じゃないような・・・。

それにしても、どこからきた女の子達なんでしょ。
はるこさんの「たいがいにせーよー!」って気持ち、分かります。
B&Bはホテルよりも音が響きそうですもんね~。^^;

2012/07/31 (Tue) 19:55 | picchuko #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

> はるこさん、こんばんは!^^

 こんばんは~♪

> すごい巨石ですね~。
> でも、アイルランドやスコットランドって、こんなイメージがします。(あくまでイメージですが^^;)
> こんな場所に黒い衣をまとった魔女達が現れても不思議じゃないような・・・。

 あのね、あのね、ここを訪れたときに黒い衣装こそ着ていなかったけれど
 このテーブル型の墓に向かって呪文というかお経というか...
 何かを呟きながら祈る二人の女性がいたんですよ~~~
 ちょっと怖いようで...不思議な雰囲気が倍増したのでした!

> それにしても、どこからきた女の子達なんでしょ。
> はるこさんの「たいがいにせーよー!」って気持ち、分かります。
> B&Bはホテルよりも音が響きそうですもんね~。^^;

 私たちが泊まるような安ホテルでも音は響くのですけれど
 B&Bは基本普通のお家なので、そういう騒音に気をつけるというのが常識なのですけれどねぇ。
 
 宿のご主人に翌朝「よく眠れましたか?」なんて決まり文句のあいさつをされたので
 「実はね...」と話したのです。
 昔はインフォメーションからの予約や直接くるお客だったらしいので
 若い女の子のグループは断っていたのだそうです。
 でも、最近はインターネットですからね~。「事前にわからなくて...気の毒でしたねぇ」と言われました。
 翌日の」宿では爆睡でした~(笑)

2012/08/01 (Wed) 22:09 | ☆☆☆はるこ☆☆☆ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する