FC2ブログ

Kimono Vanishing Tradition

昨日、図書館へ行って借りてきた本です。
日本のきものについてアメリカの方が書いた本です。洋書です。

“Kimono Vanishing Tradition”

    Kimono Vanishing Tradition.jpg

消えつつある伝統...まぁね、着物を着て歩くと人目をひくくらいですから。しかし、アメリカ人に言われるかー。
この表紙はまともですが、中表紙(?なんて呼ぶのかな)の写真は外人のお姉さんがバスローブみたいに着物をはおっています。
着物みたいなものというべきですかね。おくみがありませんから。

英会話の教室に着物を着ていったときに英語で着物について説明したのですが、
オーストラリア人の先生にどれくらい分かってもらえたでしょうか。
袷と単衣と真夏の着物などを説明したけれど、なるほど、英語ではこんな風に言い換えるとわかってもらいやすいかも、ってちょっと英語のお勉強ね。
紗のきもの説明
Jun-hitoe are single layered kimono, often woven by a method called sha.
なんて書いてありました。面白いなぁ。

もちろん、着物にあんまり詳しくない私が読んでも「違うよー」って思うところもあります。
きっと着物についていろんな説明を聞いているうちに混ざっちゃったのね。ご愛嬌です。
お寺さんの着る袈裟まで載っています。

どうみても半纏かな?って写真に道中着と書いてあったりもします。おもしろい。
男物の羽織の裏が派手なのがきっと興味を引いたのでしょう、裏返しにしていっぱい写真がのっていました。

アメリカの方が集めた着物ですからそんなに古いものは多くなく、昭和初期~昭和30年代ごろのものが多いように思います。
こんな本もあるんですね。おもしろかったです。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する