FC2ブログ

スコットランド・アイルランドの旅 (その11)

旅に出るといろんな方にお世話になることがあります。
計画の甘い私たちですから、現地のインフォメーションセンターの方々には本当にお世話になります。

今回も行き当たりばったりな私たちの旅、次に向かうのはアイラという島です。
そこは、スコッチウイスキーの蒸留所がいっぱいあるのです。
だから「ぜったい行きたい!」と主人が旅行を考え始めてずーっと言っていたのです。

スカイと違って橋でつながっていないこの島にはフェリーに乗らなければいけないのです。
宿はそれなりに数があるようですが、インターネットで予約できるところは多くないようです。
現地に行けば取れるかな?とか、気楽に考えていて、フェリーの予約も「きっと大丈夫よね~」なんて思っていたんです。

アイラに渡るフェリー乗り場は、本当に乗り場だけ。なんにもないんです。
近くの港町のインフォメーションでならお宿を予約してもらえるかも♪なんて気楽に向かいました。

インフォメーションのおばちゃま方はとってもフレンドリー♪
でも、英語は相変わらず難しい~。(汗)スコットランドの英語ってほんとっ聞き取りにくい。
ここで、私たちの会話がちょっとかみ合っていなかったのです。

やさしいおばちゃまにアイラの宿を予約していただいて、ここでフェリーの予約ってしてもらえるかしら?
ところがです、この前にフェリーがなんとかって会話をしていたんですが、よく聞き取れていなかったのです。
ここでやっとおばちゃまが私たちの英語がそれほどでもないことに気が付いてくれたのでしたー。

「あら~っ、聞き取れていなかったのねぇ。フェリーの予約が先じゃなくちゃ~。フェリーの予約はここではできないけれど、空いてるかどうか聞いてみてあげるわ!」
なんだか嫌な予感。

「フェリーはもう車を乗せるところがいっぱいなんですって!」とおばちゃま。ガーン...
そこでもう一人のおばちゃまが「車はあっちでレンタカーを借りて、あなたの車はこっちへ置いて行きなさい。人だけなら乗れるわよ!」
背に腹はかえられません!「そうします!」

おばちゃまは早速アイラのレンタカー屋さんに電話を入れてくれました。
「今日はもう車が出払っているそうよ。でも明日の10時には宿に持ってきてくれるって。」
「それでお願い!」。アイラで動くためには車がぜったいに必要ですから。
「じゃ、今日のフェリーを降りたあとの宿までのタクシーも必要だから予約しておくわね!」
「ありがと~」本当に、何から何までお膳立てしていただきました~。
これでほんの数ユーロの手数料なんて申し訳ありませんって感じです。

私たち、アイラに行けないかもって思い始めていた私。
ほっとして空腹を思い出しました。(笑)

resize0334_convert_20120623135936.jpg

近くのカフェ(かしら?)で「スカンピのフライ」を頂きました~♪
あんまりおいしいので、実はこの港に戻ってきたときにもまた食べたくらいです。

すったもんだでやっと乗れることになったフェリー。↓

resize0325_convert_20120623140303.jpg

中はけっこう豪華版!
「アイラに着いたらもうあちらでは夕飯を食べるところが開いていないから、夕飯をたべてきてね。」とお宿からのお話でした。

食べ物もですが、けっこう豪華な船内で、まずはアイラのビール!

resize0327_convert_20120623140500.jpg


そして、今月のアイラのスコッチ!!!

resize0326_convert_20120623140408.jpg

あー、車置いてきてよかったね~~~♪


後はタクシーでB&Bに向かうだけです!
スポンサーサイト



テーマ: 海外旅行 | ジャンル: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する