FC2ブログ

英語多読 “The Mystery of the Gold Coins”

Cam Jansenのシリーズを読んでいます。
ちょっと落ち着かない気分が続いて、こんな時は読みやすい易しい本に手が伸びます。


Cam Jansen: The Mystery of the Gold Coins #5Cam Jansen: The Mystery of the Gold Coins #5
(2004/07/22)
David A. Adler

商品詳細を見る


★The Mystery of the Gold Coins(Cam Jansen #5) / David A. Adler

キャムとエリックは学校の「サイエンス発表会」に出品するカメラと日時計を持って学校に向かっています。
キャムは作ったカメラでエリックを写しました。
もちろん、キャムの頭の中にあるカメラでもパシャリ!
そんな二人の後を追ってくる足音...
キャムのカメラが学校から盗まれてしまいました!
どうもキャムに写真を撮られては都合の悪い人がいたようですよ~


読みやすさレベルYL2.5くらい。語数5000語。
アマゾンでは対象年齢4歳~8歳ってことになっています。
これくらいのシンプルな英語で書いたり話したりすることができるようになると世界がひろがるなぁって思うのです。

「易しい」っていっていますが、私、このレベルでもまだ知らない単語が出てくるんですよね~。
単語だけじゃなくて、「へ~、こんな言い方をするんだなぁ」って思います。
日本語から直訳したのではなかなか出てこない言い回しです。

それに、これくらいのシンプルな英語でちゃんとした物語が書けるのもすごいなぁ。
楽しんで読んでいます♪
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の児童書 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する