FC2ブログ

英語多読 “The Snow Princess”

図書館に久しぶりに行きました。
お借りしてきたのは美しい表紙の絵本。
ルース・サンダーソンさんのイラストです。

The Snow PrincessThe Snow Princess
(2004/10/06)
Ruth Sanderson

商品詳細を見る


★The Snow Princess  / Ruth Sanderson

ファザー・フロストとマザー・スプリングの間に生まれたスノー・プリンセス。
自分たちの国ばかりでなく他の国も見て回りたいと両親に頼みました。
旅立つ娘に「恋をしてはいけない。お前の心の中に人が入り込んだりしない限り、お前の命は守られているのだから」と言います。
旅だったスノー・プリンセスは、ある家族をみかけます。
その家族の中にいた青年、心優しいセルゲイと言葉を交わします。
でも、スノー・プリンセスは両親の言葉を思い出し、北へ向かい動物たちと暮らします。
ところが大好きな動物たちと暮らしても、雪とたわむれても以前のように心弾みません。
それでも死にたくないと思ったスノー・プリンセスは心の底まで冷たくするように吹雪をおこします。
翌朝、彼女はセルゲイの名を呼ぶ声を聞きます。
セルゲイが森に行ったまま戻らないというのです。
セルゲイを探すスノー・プリンセスは心が暖かくなるのを感じます。
「私が死ぬのなら、その前にどうかセルゲイを見つけさせてください。」と祈りました。

ロシアの民話なのだそうで、それをもとにオペラになっているそうです。
美しいお話にぴったりの丁寧に描かれた美しい挿絵。
うっとりしてしまいます。

スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する