FC2ブログ

スコットランド・アイルランドの旅 (その7)

アバディーンから東へ入っていくキャッスル・トレイルと言う街道があります。
この街道にはたくさんの古城が残されています。

ヴァイキングの襲来を気にしなければいけなかった時代、このあたりにお城を多く置いたのもなっとくです。
古城があまりにたくさんあるのです。
私たちが立ち寄ってみようと選んだのはハントリー城。

 resize0289_convert_20120531124839.jpg

左下の赤い頭は私。(笑)
そう、雨に降られました~。

今は廃墟となっていますが、華やかな時代はさぞかしと思わせられるお城です。
16世紀にはその頃の領主ゴードン卿のものであったのだそうです。

  resize0290_convert_20120531124958.jpg

こんな暖炉が雨風を避ける屋根がつけられて守られていました。
ゴードン卿に時代に改装された時に作られたものなので比較的新しいようです。(それでも16世紀ですが~)

  resize0291_convert_20120531125041.jpg

こんな風に大広間で宴が行われていたのでしょうか。
もう床は落ちてしまっていますが、かつては...と想像するとなんて豪華なのでしょう。

あまりに古い時代の話が出てくるスコットランドなので16世紀が新しい時代に感じちゃいますが、十分ふるいですよね。
メアリー女王のころ?かしら?

このあたりはスペイサイドと呼ばれるところです。
スペイサイドと言えば、スコッチウィスキーの有名な産地のひとつ。
そりゃ~行かなくちゃ~♪

グレンフィディックの蒸留所へ!
なんとダンファームリンアビーの売店のおばちゃまの予言的中!
雪が降ってきました~~~。4月も終わるんだよ~。春なんだよ~。

  resize0292_convert_20120531133511.jpg

こちらの蒸留所見学ツアーに参加♪

  resize0293_convert_20120531133555.jpg

ここだけは写真を撮ることを許されました。
企業秘密ってことでしょうか?
蒸留釜の形や大きさが味の特徴を産むのね。

見学が終わるとちょうどお昼時。
いつもけちんぼな私たちの旅行ですが、この日は奮発!

resize0294_convert_20120531133703.jpg

resize0298_convert_20120531190150.jpg

resize0297_convert_20120531190101.jpg

  
う~ん、美味!
主人のオープンサンドは立派なステーキが乗っかっていました。
アンガスビーフですね~。

レストランももとは蒸留所だったのでしょう。
窓などを見ると壁の分厚さがわかります。

   resize0296_convert_20120531133832.jpg

窓の外はまだ雪が降っていました。
スポンサーサイト



テーマ: 海外旅行 | ジャンル: 旅行

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する