FC2ブログ

スコットランド・アイルランドの旅 (その4)

今もイギリス王室も訪れるエジンバラです。
エジンバラ城からロイヤルマイルを進み、行きつくところはホーリールードハウス。
王室の居城です。

 resize0276_convert_20120521152208.jpg

中は音声ガイドをお借りして回ることができます。
今でも王室がスコットランドに滞在するときは使用されるということで、その時は公開されないそうですよ。

メアリー・クィーン・オブ・スコットのドラマや映画などで登場するこのホーリールードハウス、見逃せませんね。
メアリーの産んだ息子がエリザベス1世の後イングランド王ジェイムス1世になったことによって、実はスコットランドの独立はなくなったのです。
スコットランドの人にとっては無念だったことでしょう。

宮殿に隣接するのはホーリールードアビー。

 resize0277_convert_20120521152305.jpg

廃墟になっていますが、スコットランド王が埋葬された由緒正しい教会です。

ホーリールードハウス宮殿のお土産物を置いているところはとても人気♪
テーブルクロスなどのリネン類や食器などすてきなものがたくさん売っていました。

ことに、今年はエリザベス2世の即位60年ということで、即位されたころの若い女王のお顔の入ったものがたくさん置いてありました。
ウィリアム王子とキャサリン妃のご結婚の時のお写真も売っていました。

そして、港にバスで行きますと、英国王室の船としての勤めを終えたブリタニア号が公開されています。
こちらも音声ガイドがお借りできて、ゆっくりみて回れます。

 resize0284_convert_20120528122647.jpg

こちらは↓エリザベス女王の寝室として使われていたお部屋。

 resize0282_convert_20120528122508.jpg

背中合わせにあるのが↓ご主人様エジンバラ公爵のお部屋

 resize0283_convert_20120528122601.jpg

他にも、チャールズとダイアナの新婚旅行の時のお部屋などもあります。
実は、あまり期待していなかったのですが、なかなか見応えがありました~。

豪華なお部屋ばかりでなく、もちろんこの船で働く人たちの部屋。
楽隊のひとたちまで一緒に乗っていくのですからその人たちの部屋もあります。
王室が外国訪問の時に使う車を運んでいたりと「ほ~」と感心するというか、すごいのね~って思いましたわぁ。
スポンサーサイト



テーマ: 海外旅行 | ジャンル: 旅行

コメント

いいな~、私も行きたいな~。^^

この廃墟となった教会、独特の雰囲気がありますね。
本当に魔女にでも会えそうな。。。
くもり空っていうのが、より一層雰囲気を盛り立てていいですよね!
豪華な船も気になりますが、それ以上にこのどこか物悲しい雰囲気が好き☆
いつか絶対に行きたい!って改めて思いました♪^^

2012/05/28 (Mon) 22:12 | #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

> いいな~、私も行きたいな~。^^

 ぜひぜひ!
 エジンバラだけでも、是非!

> この廃墟となった教会、独特の雰囲気がありますね。
> 本当に魔女にでも会えそうな。。。
> くもり空っていうのが、より一層雰囲気を盛り立てていいですよね!
> 豪華な船も気になりますが、それ以上にこのどこか物悲しい雰囲気が好き☆
> いつか絶対に行きたい!って改めて思いました♪^^

 きれいにステンドグラスの入った教会ももちろん素敵なのですが
 私もこんなのがけっこう好きなんです。
 廃墟のほうが想像の余地があるでしょ?
 スコットランド王の幽霊があるいていないかしら?

2012/05/29 (Tue) 10:03 | ☆☆☆はるこ☆☆☆ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する