FC2ブログ

英語多読  ロアルド・ダール  “James and the Giant Peach”

ダールは最近では『チャーリーとチョコレートファクトリー』が映画になりましたね。

“James and the Giant Peach”はアニメーションで映画になってたみたい。ティム・バートン監督。
私は、映画じゃなくて本を読みました。
『チャーリーとチョコレートファクトリー』と同じく児童書。
SSSのレベルではYL5.5になっていました。私の感じではYL4~YL4.5かしら。

       James and the Giant Peach.jpg

“James and the Giant Peach”  Roald Dahl 『おばけ桃の冒険』

ジェイムズは両親をなくして、意地悪なおばさんたちにひきとられ、そこでこき使われている。
話はそういうところから始まります。
そこへ、シンデレラみたいに妖精が現れる。いや、妖精にしちゃちょっと薄汚いおじいさん。
そのおじいさんにもらった物を地面にこぼしてしまったジェイムズ、それはあっという間に地面に吸い込まれてゆきました。
次の日起きてみると、いままで実をつけなかった桃の木にひとつ実がついていました。
その実は見ているまに、どんどん大きく大きくなって、家よりも大きくなったのでした。

大きな桃の中にはいろんな虫が住んでいました。その虫たちもジェイムズほど大きいのです。しかも、しゃべります。
その虫たちと一緒にジェイムズの冒険が始まります。

私が読んだのは挿絵、表紙とも以前の日記に書いたLane Smithさんのものでした。
本屋さんでは違う表紙のものが多いと思います。
でも、ダールの毒っぽいところと、スミスさんの毒っぽいところが合っていると思います。
とはいいながら、ダールの話のわりには毒っぽいところが少なくて、それが好きな人にはものたりないかな?
そこが苦手でダールが読みたくない人にはいいかも。

ムカデ(百足)って英語でこういうんだー。英語の授業じゃ習わない単語ですねぇ、ぜったい。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する