FC2ブログ

『戦火の馬』

また、映画をみてきました。
“War Horse”『戦火の馬』です。

主人の出張中で、夕飯の用意も私の分だけですし、レディースデイだし。
なんだか今月は観たい映画がいっぱいです。

多読のお仲間でこの原書を読んでいらっしゃる方がたくさんいらして、nookで買ってあるのですが、まだ読めていません。
もたもたしていたら映画の上映が終わってしまいそう~。
やっと観てきました。

〓あらすじ〓

主人公はジョーイ。
ポスターなどに写っている青年...ではないです。
青年はアルバート、彼が育てた馬、その名がジョーイ、主人公です。

ジョーイは競売でアルバートの父に買われます。
貧乏な小作農家、ジョーイはサラブレッド、農耕馬ではありません。
そのジョーイがアルバートの家族を救います。

小作料を払うために売られるジョーイ。
そのころ始まった第一次世界大戦、ジョーイは戦場に向かうことになります。
アルバートはジョーイに「必ずまた一緒に...」と約束します。

ジョーイは戦場でさまざまな人に出会い、別れ、生き抜くために戦場を駆け巡ります。
向かっているのは兄弟のような絆で結ばれたアルバート。


この馬がすごい!
アカデミー賞に主演馬賞があるならこの馬が取ったでしょう。
この馬、台本が読めて理解してるんじゃないかと思えてしまうほどです。
最後の遠くを見つめるジョーイの瞳は、駆け抜けてきた戦場や、出会った人たちを遠く思い出しているかのよう。

映画の中に見覚えのある風景がありました。
何年か前に行ったイギリス旅行。そのとき立ち寄ったカースルクーム。
そこが写っていました。

 war horse

war horse 2


この小さな川がゆったりと流れる静かな村です。
スポンサーサイト



テーマ: 映画館で観た映画 | ジャンル: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する