FC2ブログ

『ヒューゴの不思議な発明』

レディースデイを利用して映画を観ています。けちんぼだもん♪
観たのは『ヒューゴの不思議な発明』

原作は多読のお仲間では以前話題になっていたのです。
おもしろそう~と思いながら「未読の本が山積みなのに、買うのもな~」って手が出なかったの。

映画を先に観るより本を先に読みたいと思ったりするのですが間に合わないし、今回は映画が先。
でも、映画を観たら絶対読みたい!と思っちゃって~
家に帰るなり本を注文をしてしまいました。
はやくこーい!

〓あらすじ〓

ヒューゴ・カブレは火事で父を亡くし、駅の時計のネジまき係りのおじさんに引き取られる。
ところが、酒飲みのおじさんは姿をけし、孤児院に入れられないようにヒューゴは駅の時計の中に隠れて暮らすことになる。
隠れ住む彼のたった一人の友達はお父さんが残した「仕掛け人形」。
仕掛け人形の修理をし、動かそうと思うがハート型の鍵がなくては動かない。
そんな時、知り合った少女イザベルがその鍵を持っていた!
どうして彼女が持っていたのか?
その仕掛け人形が描いたものは?


イザベルのおじいさん(?)のパパ・ジョルジュの役をしていたはベン・キングズレーさん。
「デイブ」という映画でアメリカの副大統領の役をしていた方です。
「デイブ」の時に好きになった俳優さんでした。しぶい俳優さんです。

そして、本屋さんのおじいさんをクリストファー・リーが演じていました。
「ロード・オブ・ザ・リングス」でサルマン役の方です。
私が子供のころはドラキュラ俳優だと思ってたけど(笑)名優ですね。

こどもが主役を演じる映画の中で、この映画に重みをもたせている年輪を感じる俳優さんたちです。
素敵な映画になっていました。


ちなみに、本はこちら↓

     
The Invention of Hugo Cabret: A Novel in Words and PicturesThe Invention of Hugo Cabret: A Novel in Words and Pictures
(2007/10/01)
Brian Selznick

商品詳細を見る
スポンサーサイト



テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する