FC2ブログ

英語多読 “The Case of the School Ghost”

積読本を減らそうと考えていたのに、選んでいない児童書を読了~。

Kindleがお友達(といっても、多読のお友達に限りますが)に広まっていてとっても興味があるんです。
でも、家にあるのはNookなんですよね~。
仲間にはいれなくてさびしいな~。

といっても、私のものではなくて、ダンナのもの。
私が使っているのです。我物のように。

児童書ばかり読んでいるので、それを電子ブックにしたからといって軽くもならないのです。
分厚いペーパーバックを読んでいる人にはとっても軽くなる電子ブック。
私には重くなるの。
でも、ハードカバーの本がペーパーバックの値段で、ペーパーバックになる前に読めるのはうれしいです。


    
The Case of the School Ghost (Buddy Files)The Case of the School Ghost (Buddy Files)
(2012/03)
Dori Hillestad Butler

商品詳細を見る


★The Case of the School Ghost / (The Buddy Files #6)/ Dori Hillestad Butler

バディーは小学校のセラピー犬として学校に通っています。
子供たちとも仲良くなって、自分の役割に誇りを持っています。
子どもたちは「お泊り会」4年生のコナーと小学校に泊まることに。
そう、以前からコナーたちの小学校には幽霊が出るとうわさになっているのです!
そのお化けの名はアガサ。
お泊り会の朝、コナーはメモと懐中電灯を家の前で拾ったのでした。
怪しい行動をするコナーとマイケル、そしてジュリアン。
怪しむバディーですが、どうしたって人間の子どもたちに言葉が通じないのです。
バディーは学校の幽霊の謎を解くことができるのでしょうか!

「こっくりさん」って知っていますか?
私も小学生のころ、友達に誘われてやったことがあります。
コナーたちは、その「こっくりさん」のようなことを紙に書かれたアルファベットとコップでするのです。
語っているのは学校の幽霊アガサか?それとも3人のだれかなのか?

最初の方は前の巻よりつまらないと思っていたこの巻、最後に面白くなってきましたよ~。
スポンサーサイト



テーマ: やさしい洋書 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する