FC2ブログ

英語多読 “Civil War on Sunday”

再読を続けているマジックツリーハウスのシリーズ21巻。
図書館でお借りしているので、図書館に行かないと止まってしまうのですよね。

初めてこのシリーズを読んだ頃は多読4、5か月ごろ。
その時はあまりピンとこなかったのです。
アメリカの歴史とか、あまり知りませんでしたし。

この巻から始まるミッションは
・Something to follow
・Something to send
・Something to learn
・Something to lend
これをモーガンに頼まれてキャメロットを救うために持ち帰るというものです。

     
Magic Tree House #21: Civil War on Sunday (A Stepping Stone Book(TM))Magic Tree House #21: Civil War on Sunday (A Stepping Stone Book(TM))
(2000/05/23)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る


★Civil War on Sunday / Mary Pope Osborne

今回ジャックとアニーの二人がマジックツリーハウスで旅立つ先は南北戦争時代のアメリカ。
国をふたつに分けて戦った戦争のそれも戦地にたどり着いてしまったふたり。
目の前に傷ついた兵士たち。悲惨な光景にすぐにでも帰りたいと思うジャック。
けが人の看護を手伝い始めるアニーに引きずられて、それを手伝うジャックでした。
そんな二人が出会ったのはクララ・バートン。
彼女は馬車でけが人を野戦病院に運ぶクララ。


アメリカの子どもたちが必ず学ぶ南北戦争のことですね。
アメリカの児童書や、もちろん大人の本でも、共通に知っていることの一つなのでしょうね。

クララ・バートンという女性が出てきます。
南北戦争時代「戦場の天使」と呼ばれた女性です。
北も南もなく傷ついた兵士を救ったのだそうです。
後にアメリカの赤十字を作った人。

クララ・バートン、きっとアメリカ人の多くが知っている人ですね。
私はちっとも知りませんでした。
前回読んだ時はどうして記憶に残っていなかったのかしら?

クララ・バートンの本も児童書にありますね。
  
   
Clara Barton: Spirit of the American Red Cross (Ready-to-Read. Level 3)Clara Barton: Spirit of the American Red Cross (Ready-to-Read. Level 3)
(2004/07/27)
Patricia Lakin

商品詳細を見る


これ↑はReady to Read ですから易しい児童書ですね。
他にもたくさん出ているようです。
スポンサーサイト



テーマ: 洋書 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する