FC2ブログ

英語多読 “Brave Irene”

寒い日が続いています。
このあたりは雪が積もることは稀なのですが、寒いです。

冬の絵本は暖かな季節に読んでもピンとこないもの。
暖かくして、寒い雪の日の絵本を読むことにしました。

Brave Irene (Sunburst Books)Brave Irene (Sunburst Books)
(1988/03)
William Steig

商品詳細を見る


★Brave Irene / William Steig

仕立て屋のお母さんがやっとドレスを縫い上げたというのに病気になってしまいました。
アイリーンはお母さんにかわって、吹雪の中ドレスを届けに伯爵夫人のお屋敷に向かいます。
どんどんひどくなる吹雪、強い風に大切なドレスは吹き飛ばされ、アイリーンも遭難しかけます!

以前、友人に借りて読んだのですが、今回は図書館でお借りしてきました。
“Sylvester and the Magic Pebble”も借りてこようかしら。

ウイリアム・スタイグ(オーストリアからの移民だからシュタイクと読むのかしら?)さんは下の絵本“Sylvester and the Magic Pebble”で有名ですね。

Sylvester and the Magic Pebble (Aladdin Picture Books)Sylvester and the Magic Pebble (Aladdin Picture Books)
(1987/04/02)
William Steig

商品詳細を見る


大好きです。この絵本。
子どもの頃なら「お父さんやお母さんに会えなくなって悲しい」と感じるだろうし
大人になって読むと「子供が突然いなくなって悲しい」と感じますね。

絵本はこどもばかりのものじゃないと思わせられます。

映画になった「シュレック」もこの方の絵本が原作です。

Shrek!Shrek!
(2012/03/29)
William Steig

商品詳細を見る


それにしても、すごい顔だねシュレック...
スポンサーサイト



テーマ: 洋書の絵本 | ジャンル: 本・雑誌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する