FC2ブログ

英語多読 “Snow White and Rose Red”

ドイツ語で一冊グリム童話を読んだので英語の絵本を図書館でお借りしてきました。
ドイツ語の絵本は図書館にはあまり置いていないのです。
グリム童話をドイツ語で読むのは私にはまだ難しいですしね。

           商品の詳細

★Snow White and Rose Red / Jacob and Wilhelm Grimm、retold and illustrated by Bernadette Watts

むかしむかし、お母さんと二人の娘がおりました。
家の前には白いバラと赤いバラの木が植わっていました。
ひとりの娘は白バラのように色白で、もうひとりは赤バラのような頬をしていました。
寒い夜、寒さに震えた熊が家で暖をとらせてくれというので、お母さんと娘たちは家に入れてやりました。
ふたりの娘が森に行った時に小人に出会いました。
困っていた小人を助けますが、助ける時に大切にしている髭を切ってしまって逆恨みされてしまいます。
小人が美しい宝石を持っているところを見かけた娘たちは、それを小人に見とがめられます。
その時助けてくれたのは、なんと家に入れてあげた熊だったのです。
そして、実はその熊は...


この絵本、もうアマゾンでも手に入りません。ワッツさんの挿絵が素朴で好きなのに残念。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する