FC2ブログ

英語多読 “More of Milly-Molly-Mandy”

先日読んだMilyy-Molly-Mandyちゃんの2冊目です。
このお話はMMMちゃんののどかな毎日が短い章で書かれています。

私は、のんきそうなこの本の挿絵が好きなのです。
この作者さんは文章も絵も自分で書いていらっしゃるようです。
なので文章の雰囲気と絵がぴったり合っているのでしょうね。

           商品の詳細

★More of Milly-Molly-Mandy / Joyce Lankester Brisley

お話が13話入っています。
今までお父さんとお母さんの部屋に小さいベッドを置いて寝起きしていたMMMちゃんに家族が自分の部屋を用意してくれます。
おじいさんもおばあさんも、おじさんもおばさんも、みんなで用意してくれたステキなお部屋です。


このお話は1929年に書かれています。
MMMちゃんの家には車はなくて、荷馬車を使っているようです。
遠くに行くのはバスに乗って出かけます。

村一番の大きなお家には自家用車があって、奥さんが運転しています。
挿絵の奥さんの洋服からアールデコの時代が読み取れます。
女性はコルセットを外して膝丈のスカートを着るようになった時代。
でも、MMMちゃんのお母さんやおばあさんはロング丈を着ていますね。
きっと田舎と都会では違っていたんでしょうね。

この挿絵を見るとチャールトンダンスやアガサクリスティーの本の時代背景が思い浮かびます。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する