FC2ブログ

英語多読 “Surprise Island”

図書館でボックスカーチルドレンのシリーズをみつけて2巻目を借りてきました。

          

★Surprise Island (The Boxcar Children #2) / Gertrude Chandler Warner

1巻でおじいさんと一緒に住むことになった子供たち4人ヘンリー、ジェシー、バイオレット、ベニー。
夏休みになり子供たちは島でひと夏を過ごします。
その島には漁師のおじさんがいて、もう一人その仕事を手伝っている若者がいました。
その若者はちょっと問題を抱えているようで、ひみつがありそうです。
一方、子供たちは島の生活を楽しんでいます。
島を探検していたとき、あるものをみつけます!


読みやすさレベルはYL3くらいかしら?
レベルのわりに語数が22000語以上と多くて、もう少しコンパクトになっていてもいいかなぁ~。
易しいレベルの本をたくさん読みたい気分の時だったのでちょっとお話が長かったです。
お話が平和~な雰囲気なのでよけいに長く感じたかもしれません。
何か事件が起こるのかな?なんて考えてしまうからかも~。

1巻と同じように悪い人が出てこなくて、やんちゃな子はいるけれど、いい子ばかり。
英語がちょっと古い感じ、1949年に書かれているみたい。
そうか~、言葉っていきものですね~。

図書館で予約してお借りしていると、読みたい気分の時とずれてしまったりして、自分の本棚にあるとそういうことがなくていいな。
でも、あれもこれもは買えないので、図書館はありがたいです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する