FC2ブログ

『阪急電車』

ちょっと前なんですが、『阪急電車』を観てきました。
原作の本を読んだのはいつだったかしら?
去年だったかな?

関西以外の方には阪急電車といってもなじみがないでしょうね。
私は学生の頃は毎日阪急電車に乗って学校に通っていましたから、とっても懐かしい。

〓あらすじ〓

阪急電車の今津線、その電車を利用する人たちの、さまざまな人間模様。

手に引き出物の袋を持った女性が阪急電車に乗ってくると、周りのみんなが見ています。
声をひそめてコソコソ話す人も。
それもそのはず、披露宴に呼ばれた帰りらしいその女性は真っ白なドレス姿なのです。
ただならぬ事情がありそうです。

若い女の子が彼とその電車に乗っていました。
切れやすいその彼は、あることで電車で大きな声をあげます。
とうとうある駅で彼女は置いて行かれてしまいます。

駅のベンチに座っていたその若い女の子は、女子高生のグループの話を聞くともなく聞いてしまいます。
話題は一人の女子高生の彼氏の話。
何気ないけど、いい恋愛をしているなぁと自分のことと比べてしまいます。

ある男子大学生、ちょっと学校で浮いているようです。
阪急電車で同じ教科書を持っている女の子を見かけます。
ちょっとしたことで話があうふたり。

他にも、それぞれがちょっとかかわりあってこの映画が進んでいきます。
本が面白かったので観に行きました。

本では武庫川の河川の「生」の文字が印象に残っていたのです。
最後にちょこっとだけ写っていました。
その文字は前には本当にあったものだそうです。
流れてしまったのですが、この映画のためにもう一度作られたと新聞で読みました。
また流れていつか消えてしまうだろうけれど、映画に残るのね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する