FC2ブログ

英語多読  図書館で借りた絵本

多読と言いながら、この何週間はほとんど少読。
でも、図書館でお借りしてきた本はちょっとだけ読んでました。

  I Saw Esau.jpg    cabbage moon0001.jpg    The Three Robbers.jpg


 ★I SAW ESAU  /  Iona  Opie   Illustrated by Maurice Sendak  『イーソーを見た』

 この本、副題は The Schoolchild’s Pocket Book。
 子ども達が学校でする言葉あそび。早口言葉や数え歌などを集めた本です。
 (I scream,You scream, We all scream, For ice-cream なんかですね。)
 編者はマザーグースの本を紹介した時のあのIona Opieさんです。
 そして、挿絵はセンダクさんです
 言葉遊びを声を出して読んでいるととってもおもしろい。そこにセンダクさんの挿絵ですから本当に楽しい本です。
 

 以前、友人にお借りして読んだのです。再読です。
 とっても愉快なので図書館で見つけてうれしかったです。
 邦題がついていたので、最初は邦訳されているのかと思いました。
 言葉遊びを邦訳するのかしら?と思っていたら、中身は英語。
 そりゃそうですよねー。どんなにがんばって訳しても、音で遊んでいるんだもの。

 See you later alligatorなんてよく聞きます(読みます。)
 これを007のジェームス・ボンドが映画の中で言ってたの。(笑)
 ショーン・コネリーがボンドをやっていた時だからどれだったかな?
 気取ってるのにこのセリフ、かわいいね。
 
 ★Cabbage Moon /  Jan Wahl   Illustrated by Adrienne Adams
 
 ファンダジーなお話。
 お月様が好きなお姫様、お月様はキャベツでできていると言うのです。
 ある時キャベツのお月様が盗まれて、その泥棒はキャベツをサワークリームで煮始めた!
 そこで、お姫様の愛犬が大活躍。

 有名なお話なのかしら?違うイラストレーターでも出版されています。

 ★The three robbers  /  Tomi Ungerer  『すてきな三にんぐみ』

 むかしむかし、あるところに、おそろしい三にんぐみの泥棒がおりました。
 夜な夜な馬車を止めて金品を奪っては宝の箱に貯め込んでいたのです。
 ある夜、馬車を止めると、そこにはちいさい女子が乗っていました。
 孤児だったその子を連れて帰る泥棒たち。
 その女の子に「これは何に使うの?」と宝の箱のことを尋ねられた三にんは返事もできません。
 さて、三にんぐみの泥棒たちはどんな使い道を思いついたでしょうね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する