FC2ブログ

英語多読 “A Pocketful of Criket”

1965年のコルデコットオナー賞をとった絵本です。
私がお借りした図書館の本はペーパーバックでした。

          

上の表紙と違っているのです。
表紙の絵はペーパーバック版では中のページにありました。
上の表紙にあるような真っ赤な色は使われておらず、おさえた色目の版画の挿絵がなかなか素敵なのです。
ハードカバー版も中はおさえた色目なのではないかしら?

★A Pocketful of Cricket / Rebecca Caudill、Illustrated by Evaline Ness

牧場に住むジェイは6歳。丘や森は彼の世界。
ポケットにはそこで見つけて拾ってきた宝物がいっぱいです。
コオロギをみつけて帰ってきたジェイ。
その日からコオロギはジェイの大切な友達になりました。
初めて学校へ行く日、ジェイは大切なコオロギをポケットに入れて持ってきてしまいました。
もちろん、先生にみつかってしまいます。


なかな素敵な先生です。
素朴な風景とおさえた色の挿絵がぴったりです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する