FC2ブログ

夏の着物がほしいなぁ...

7月になってしまいました。カレンダーの半分が終わっちゃったのですねぇ...
夏ですねぇ。梅雨らしく雨も毎日降っていますし、ムシムシと湿度も高くて。

夏の暑い時に着る着物って今まで着る機会もなかったので持っていないのです。
でも、着ている方を見かけると、何だか涼しげでいいですよね。
着ておられる方は暑いのでしょうが、目に涼しく、気持ちがいいです。

せっかく和裁を習い始めたので、麻の反物を買ってしまいました。
今縫っている襦袢の後に縫うのですから、今年の夏には間に合わないのはわかっているのです。
でも、暑い時に涼しげな生地を縫うのも楽しい。

今日は綿麻の浴衣に先日作った半襦袢、きんぎょの半巾帯。
半襦袢には猫がボールで遊んでいる柄のコットンの半襟を付けました。
パッチワークの時の残り布なんですけどね。
今までしたことないけれど、浴衣を着物みたいに着てみました。

私は、丸々しているので、補正は要らないだろうと思っていましたが、そうでもないようです。
着付けを習った事がありませんので、本当はどんなふうに補正をしたらよいか知らないのですが
補正というよりも、着物に汗がつくのが嫌なので工夫をしようと
どこかでもらった薄手の白いタオルをたたんで、これまた安く買っておいたガーゼの反物を
伊達締めくらいの長さに切ってタオルを包みました。
半襦袢の上にこれで伊達締めのように締めれば汗も吸ってくれるだろうし
半襦袢の襟も崩れず、良いだろうと思いました。

タオルの部分を背中の汗をかきそうなところに来るように締めてみました。
お太鼓を締めた時にタレがペコっと上がってしまうのはここがへこんでいるためかしら?と思っていたので。

着物って寸胴にしておくことが大切なのですねぇ。
ぽっちゃり、まるまるしていてもやっぱり少々の補正は必要らしい。
補正をして、着物を着てみると何だか今までよりきれいに見える...気がする。


          縞の浴衣 0010001.jpg

これを着て図書館へ行ってきました。
曇っていたのでそんなに暑くなかったですね。

タオルのおかげで浴衣まで汗がしみていませんでした。
タオルとガーゼですから洗濯機へポイってのも楽でいいです。

今日は夏のお着物を楽しみに用意されてる方も多いでしょうね。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する