FC2ブログ

英語多読 “The Case of the Great Sled Race”

ジグソー・ジョーンズのシリーズです。
ネイトくんのシリーズと同じように少年探偵です。
ふたりともペットは犬。探偵のペットに猫は似合わないのでしょうか?

交互に読んでいると頭の中で混ざってしまいそうな気がしていましたが、数冊読んでいるとキャラクターがなじんできて混乱しなくなってきました。

       

★The Case of the Great Sled Race(Jigsaw Jones Mystery #8) / James Preller

ジグソーのところにビグズがやってきます。
彼はお気に入りのそりを盗まれたというのです。
ビグズは身体も大きくてクラスのボス。
「見つけられなかったら、わかっているだろうなぁ」と言われてびびるジグソー。
犯人はだれ?


ジグソー・ジョーンズのお話の中にはときどき本が出てきます。
今回は“Stone Fox”と“Captain Underpants”(笑)
どちらも持っていて、どちらも読んでいないことを思い出しました~。

ジグソーたちはSnow Dayで学校がお休みになったのです。
katakurihanaさんのブログで「雪で学校がお休みになる日」が「Snow Day」だと教えてもらっていました。
そうでなかったらただ雪の日と読み飛ばしていたかな?
児童書を読むときに「その国の習慣」を知っていると違うかも。
もっとやさしい児童書を読んでいるとそういうことが積みあがって行くかなぁ~って思うのです。
で、なかなか読んでいる本のレベルを上げられなかったりして。(いいわけ?笑)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する