FC2ブログ

英語多読  マザーグース

ここ数日、身体がぐったり、梅雨だから?
分厚い本を読む体力がない...なさけない。

本は分厚いけれど、マザーグースは短いのは4行ほど。
楽しいので読めてしまいます。
知っているものも多いですよね。ハンプティーダンプティーはよく知られています。
ロンドン橋とか、きらきら星とか。そうそう、メリーさんのひつじとか。

絵もたのしみたいので図書館で借りてきました。2冊。

       レイモンド ブリッグスさんの マザーグース2.gif         my very first mother goose.jpg

★The Mother Goose Treasury   /  Raymond Briggs

 スノーマンで有名なブリッグスさんの挿絵のマザーグースの本です。楽しいですよ。
 408のマザーグースに897の挿絵。
 具合の悪いのが飛んでゆくー。

★My Very First Mother Goose  /  Iona Opie
 マザーグースの研究(?)で名を知られているオーピーさん。
 挿絵はRosemary Wellsさんのかわいい挿絵。
 いろんな挿絵と共にマザーグースを読んでみるのも楽しい。


2年くらい前かしら、友達とちょっとしたマザーグースブームだったので
それまで有名なものしか知らなかったのだけれど、たくさん読みました。
たくさん読むとまた楽しい。
ナンセンスなものも多いので、???なものもありますが、
リズムがたのしいものとか、ちょっと怖い物なんかもあります。
子どもって結構怖い話が好きだったりするものですよね。

ネイティブの人たちはこのマザーグースをたくさん聞いて育つのですね。
ですから、児童書やおとな向けのPBを読んでいてさえ出てくるのです、マザーグースが。
映画にもね。

オードリー・ヘップバーンの『マイ・フェア・レディー』もタイトルを見ればネイティブの人はロンドンが舞台だとわかるとか。
(ロンドン橋の歌ですもんね)
The rain in Spain stays mainly in the plain ♪~
なんて曲も、なんでいきなりSpainなの?rainと韻を踏んでいるのかな?
でもね、こんなマザーグースがありました。
Rain, rain, go away,
Come again another day,
Little Johnny wants to play.
Rain,rain,go to Spain,
Never show your face again.

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する