FC2ブログ

やっぱり読めるとたのしい!

英語の多読が続いているのは楽しいから!
絵本を読んだり、児童書を読んだり、最近はたまに大人のペーパーバックも読んだり。

英語の多読を始めた時はとりあえず中高で習ったのでやさしいものを選べば読めるし、ちょっと背伸びして自分の実力より難しいものを読むのも楽しかった。
でもです、ドイツ語はABCの読み方も知らないし、名詞が全部大文字で書き始めることすら気がつくのにずいぶんかかったくらいです。

本屋さんにはドイツ語の絵本なんて置いてないし、ゲーテなんて置いてあったりして「そんなん読めたら世話ないわぁ」ってつぶやいてました。
アマゾンで少しはやさしそうな本を見つけてなんとか始めたのでした。

ドイツ語をまったく何も知らぬまま始めたのですが、最初は本の中の絵と英語に似ている単語を見つけて、それだけでも楽しかったのです。
辞書を引いていないのに1度目と2度目で理解度が上がるのはなぜだかわからないけれど、何冊かを読んでいるうちに共通の単語などがあって語彙がほーんの少し増えていたのでしょう。
「楽しい」を見つけるのは続くコツですね。

ボツボツと続けていてしばらくすると「わかるところを見つけて楽しい」から「わからないところが気になる」に変わってきました。
わからないところが気になり始めるとあまり面白くなくなってしまったのです。
いつまでも「わからないところ」がわかるようにならないんだもの。

しばらくドイツ語はストップして英語ばかり読んでいました。
でもほったらかしておいたドイツ語絵本を手に取るとわかるところが増えていました!うれしい!
少しドイツ語の本も買い足して、去年の4月頃からなんだか順調に続いています。
語数や冊数はたいしたことないのですが、以前まったくわからなくてほったらかしていた絵本を手に取るとずいぶんストーリーがわかったりして、そうすると楽しいのです♪

楽しいと続く♪調子に乗りやすい私~。
ほとんど読めないけどマジックツリーハウスの本も飛ばしまくって読んで気持ちだけ満足。(笑)
「がまくんとかえるくん」も読み始めて、こちらはもう少しわかるのでとっても楽しい♪

私の実力からいうとマジックツリーハウスも「がまくんとかえるくん」もずいぶん難しい。
キリン読みとかって多読では呼んでます。

キリン読みで無理して読んでいても語彙が増えていたようです。
だって、その後に以前読めなかった絵本を読むと読めるんだもの~、わかるんだもの~。

最近、英語の多読をそっちのけでドイツ語のやさしい本を読んでいます。
たのしい♪

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する