FC2ブログ

英語多読 “The Bunny Book”

うさぎの赤ちゃんの表紙がかわいくて手に取るとリチャード・スキャリーさんの絵本でした。
“a Little Golden Book”の1冊です。

“a Little Golden Book”はいったい何冊くらいあるのでしょう?
以前アメリカのポートランドにある大きな古本屋さんには棚を埋め尽くす“a Little Golden Book”がありました~。
古くからの絵本がたくさん!

この絵本も1955年が初版だそうです。

        

★The Bunny Book / Patsy Scarry、 Illustrated by Richard Scarry

あるうさぎの家族にかわいい赤ちゃんがいました。
「大きくなったら、この子は何になるかなぁ」と家族それぞれが考えます。
おまわりさんかしら?いやいや消防士?ピエロかも!
おじいさんやおばあさん、兄弟たちや従兄弟たちまでいろんなことを言います。
でもね、あかちゃんうさぎは自分が何になりたいかちゃーんとわかっているのです♪

挿絵がかわいいったらありません!
カラフルでそれはたのしい絵本です。

600語ほどの絵本ですが、楽しくて何度も眺めています。
いやされるわぁ~。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する