FC2ブログ

英語多読 映画に出てきた絵本

先月、旅行中に観た映画『しあわせの隠れ場所』の中にリー・アンのこどもたちがマイケルと一緒に行った本屋で絵本を手にします。
「小さい頃よく読んでもらったね。」とこどもたちは言います。

ベッドに座って、リー・アンは3人に絵本を読み聞かせます。
それが“The Story of Ferdinand”です。邦題「はなのすきなうし」。
何度目かの再読ですが、好きな絵本です。

これはCD付き↓です。絵本はペーパーバック。

        

絵は白黒なのでハードカバーじゃなくても絵がそんなに残念じゃないですね。

★The Story of Ferdinand / Munro Leaf

フェルディナンドは子牛の時から他の兄弟とは違っていました。
角をぶつけ合ったり、走り回ったりするのはすきではありませんでした。
フェルディナンドはコルクの木の下に座って花の香りをかいでいるの好きなのです。
大きく育ったフェルディナンドたちのところに牛を買い付けに男たちがやってきました。
よりにもよってそんな時です、うっかり蜂の上に座ってしまったフェルディナンド、
あまりの痛さに走り回り、暴れ廻ってしまったのです。
強い牛だ、マドリッドの闘牛にぴったりだと男たちはフェルディナンドを連れて行ってしまいました。
闘牛場に連れ出されたフェルディナンド、お客の女性たちが髪につけたお花の香りにうっとり~...


絵もなかなかのんびりした風景でいい感じですよ♪
コルクの木にはワインのコルク栓の房が実っていますし。(笑)

外見は強くたくましいフェルディナンド。
でもこころやさしいのです。
映画のマイケルに重なりますね。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する