FC2ブログ

英語多読  ぞうのババール

 英語の多読をしています。
 多読って絵本を多読すると言う意味ではありません。(笑)
 私が絵本を好んで読んでいるだけです。
 やさしい英語の本をたくさん、辞書を使わず読むのです。って、辞書使ってたらたくさん読めませんよね。
 興味のある方はSSSのサイトを訪ねてみてください。

 私は図書館で絵本を借りています。
 ババールはテレビなどで見たことはあったけれど、よく知らなくて。
 図書館にババールのお話が6話入った本があったので借りてきました。


   The Story of Babar, the Little Elephant.jpg  Travels of Babar.jpg   Babar the King.jpg

    Babars Birthday Surprise.jpg  Babars Mystery.jpg Babar and the Wully-Wully.jpg
 
 ★Babar’s Anniversary Album  Jean De Brunhoff 、 Laurent De Brunhoff
 お父さんが書いたババールのお話を息子がその後を継いで書いているのですね。
 
 ・The Story of Babar、 The Little Elephant『ぞうのババール  こどものころのおはなし』
  1作目です。お母さんを亡くしたババールが故郷に帰って王様になるおはなし。

 ・Travels of Babar 『ババールのしんこんりょこう』
  王様になったババールはセレステと結婚して、気球にのって新婚旅行に出かけます。
  でも、帰ってみると国が荒れていました。

 ・Babar the King 『おうさまババール』
  新婚旅行から帰って来たババールは国をおさめて、水辺に象の楽園をつくります。
  りっぱな家を建てたり、美しい庭をつくったり。

  ここまでの3作はお父さんの書いたものです。

 ・Babar’s Birthday Surprise
  王様の誕生日をお祝いするためにみんなサプライズを用意しようと大騒ぎ。

 ・Babar’s Mystery
  ババールの国に泥棒が現れた!
  今回活躍するのはババールのいとこのアーサーです。
  この本を読むまでアーサーはババールの子供の一人だと思っていました。

 ・Babar and the Wully-Wully
  ある日、ババールの子供たちがかわった動物をみつけます。
  となりの国は乱暴者のサイの国、サイの王が子供たちがみつけた動物を連れ去ります。
  今回活躍するのはババールの娘のフローラ。


 ババールのお話に出てくるコーネリウスがいい味だしてて好きなキャラクターです。
 ケーブルテレビでババールのアニメーションをやっているので、時々英語音声にして見ています。
 さすがに子供用のアニメーションだと英語わかりやすい~。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する