FC2ブログ

英語多読 トミー・デパオラさんの絵本を2冊

少しずつ絵本を買いためてしまっています。
できれば絵本は図書館で...と思っているのです。
おき場所にも困るし、なによりお小遣いがね~。

トミー・デパオラさんの絵本を2冊読みました。
1冊目は原始時代(?)が舞台の絵本です。

             

★Little Grunt and the Big Egg

原始人リトルグラントは家族で洞穴に住んでいました。
「ブランチにするから、たまごをみつけてきてちょうだい♪」とママに言われたグラントくん、家族みんなのためにたまごを探しに行きます。
とっても大きなたまごをみつけたグラントくん!
そのたまごが孵って中から出てきたのはかわいい恐竜の赤ちゃん!
そう、最初はかわいい小さい恐竜だったのですが...

大きくなりすぎた恐竜をペットにおいて置けなくなったグラントくん、ここまでの成り行きは「こうなりそ~」って思ったとおり。
ちょっとその後がね、鶴の恩返しならぬ恐竜の恩返し。

もう一冊は怠け者のお話です。

             

★Jamie O'rourke and the Pooka 『ジェイミー・オルークとなぞのプーカ』

ジェイミー・オルークはなまけもの。
奥さんが家を留守にするというのですが、そうじや食器は洗っておくように言われています。
ところが、なまけものなのでそんなことはほったらかし。
友達と飲んだり食ったり、食器も洗わなければそうじだってしません。
ところがその夜プーカがやってきて...


これには前作があるのですが、私は未読です。

       

アイルランドにある伝説の生き物にプーカというのがいるのだそうです。
その姿は馬だったり、ロバだったりヤギだったり、鷲だったりすることもあるようです。

アイルランドの伝説って面白いなぁ~。

オーサリバンという方を知っているのです。
オーストラリアの方ですがアイルランドのお名前でしょうか?
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する