FC2ブログ

英語多読 “Littles Go to School”

遠いほうの図書館に英語の児童書が増えていました♪
Littlesのシリーズです♪
以前にこの図書館で5冊だけおいてありました。
他も読みたいなぁって思っていたのですが、この本もどなたかの寄贈本のようです。
読みたいと思ってもアマゾンにもない本が図書館に置いてあるとうれしです♪

今ジブリの映画になって話題のメアリー・ノートンの「床下の小人たち」とはちょっと違う小人たちのお話です。
本当はね「床下の小人たち」の原書“The Borrowers”を再読しようかと図書館でお借りしようと思っていたのです。
でも、まだ読んでいなかったLittlesシリーズをお借りしてきました。

アリエッティたちと違ってリトルさんたちはしっぽがあるんです!
でも、ねずみじゃありませんよ。小さい人なんです。

大きな人たち(普通の人間)ビッグズさんの家の壁の中に住むタイニー族のリトルさん一家。
大きな人たちの食べ残したものや使わなくなったものを拝借して暮らしているのです。

"The Borrowers"に似ています。
でも、こちらはアメリカの児童書です。
時代設定も違うのでしょうが雰囲気がずいぶん違っています。

以前に読んだものは

・The Littles  (未読)
The Littles Take a Trip 
The Littles to the Rescue 
The Littles and the Trash Tinies
The Littles and the Lost Children
The Littles Go Exploring

何巻とは書かれていないので巻順は気にしなくてもよさそうに思います。
でも、読んだ内容から上のような順番だなぁ。

おじいさんが出てくるので“The Littles Go Exploring”より後のお話のようです。

      商品の詳細

★The Littles Go to School / Jhon Peterson

家に住むタイニーたち(小さい人たち)はそれぞれ離れて住んでいるので学校を作って通うわけに行きません。
大きい人たちの学校にこっそり参加してお勉強する決まりがあるのですが初めて学校に行くルーシーは気が進みません。
そして偶然トムとルーシーは家族もしらないうちに大きい人の学校へ連れて行かれてしまいました!


Littlesのシリーズは全部で12冊あるようです。
1巻を読んでいませんがどこから読んでも問題ないようです。

かわいいのですよ~、ミニチュアハウスが動き出したようで!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する