FC2ブログ

英語多読 オールズバーグさんの絵本

久しぶりに図書館へ行きまして絵本を借りてきました。
気持ちが落ち着かなくて長いものを読む気になれないときは絵本が一番♪
何よりも好きな絵本を読んでいるときが一番たのしい。

クリス・ヴァン・オールズバーグさんは"The Polar Express"が一番有名でしょうか?
映画にもなりましたしね。

     

オールズバーグさんの絵は子どもっぽくないのです。
もしかしたら子どもが「かわいい」と思う絵ではないかもしれませんね。
でも、お話はこどもも大人もひきつけるお話です。

        The Widow's Broom[洋書]

★The Widow's Broom / Chris Van Allsburg

魔女の空飛ぶほうきは寿命があるのです。
古くなると飛べなくなってしまいます。
ある日魔女がほうきで飛んでいるとほうきの飛ぶ力がなくなってしまって落っこちてしまいました。
こころやさしい未亡人ミナが魔女を助けてやりましたが、魔女はほうきを残してどこかへ行ってしまいました。
古くなった魔法のほうきは、みたところミナが使っている普通のほうきと変わりません。
ところが、ある朝早く物音に気がついたミナがキッチンをみると魔法のほうきがお掃除をしているではありませんか!
この魔法のほうきは利口で、ミナが教えるといろんな仕事を覚えてしまいました。
ところが、このほうきの噂が広がってしまいます。

かってにお掃除してくれるほうき...私もほしいなぁ~。

     

★The Garden of Abdul Gasazi / Chris Van Allsburg

アランが犬のフリッツの世話を頼まれてフリッツを連れて散歩にでたところ「この庭に犬を入れるべからず---引退したマジシャン アブドゥル・ガサッツィ」と書かれたところに行き着きます。
いたすらなフリッツが走り出し、アランが止めようとしたのですがその庭に入ってしまいました。
マジシャンのガサッツィさんに犬を返してくださいと言うと「犬は庭をダメにしてしまうからアヒルにしてしまった」とアヒルを返されてしまいました。
あずかった犬なのに...

マジシャンは本当に魔法使い?それとも近所の意地悪おじさん?

      

★Two Bad Ants / Chris Van Allsburg

アリたちは女王アリに食べ物を運んできます。
女王はクリスタルが大好き♪
アリたちはクリスタルを運んでくるために、林を通り断崖絶壁の山を登る。
そしてたどり着いたクリスタル。
一つずつ運んでゆくアリたちですが、その中の2匹のアリはこの美味しいクリスタルの中に残ろうと考えつき、お腹いっぱいで眠っていると...

2匹のアリに大変な災いが!

アリが主人公なのでアリがアップで描かれているのです。
私、虫が嫌い。リアルな絵ってわけでもないのですが、アップはいや~。(汗)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する