FC2ブログ

英語多読 “Northern Lullaby”

図書館でお借りしてきた絵本です。

楽天にも日本のアマゾンにもないようです。
こんな時図書館ってありがたい。
古い図書館は古い本も所蔵していたり、古い本を寄贈される方もいたり。
大切にされるべきものだと思います。

最近では図書館に本を返さない人がいたりするようです。
先日借りたグレイラビットの絵本も書き込みがたくさん...
書き込んである漢字の略し方から私よりも年上だなぁ、
そういう人が育てた人が借りた本を返さないようなモラルのない人に育つのだろうか。
こんなすてきな絵本を読んだらちゃんと返しましょって気持ちにならないのかな。かなし...。

気持ちをとりなおして、素敵な絵本を読みましょ~。
ほんとうに絵がうつくしいのです♪

       Product Details

★Northern Lullaby / Nancy White Carlstrom、Illustrated by Leo and Diane Dillon

石造りの小さな家が描かれています。
きっとこの歌(Lullaby)はそこから聞こえてくるのでしょう。
おやすみなさい、おとうさん(のような)お星さま。
おやすみなさい、おかあさん(のような)お月さま。
山や川や動物たち、みんなが家族のように親しみをもっているのです。

場所はアラスカ。アラスカインディアンともアラスカエスキモーとも書かれていないのです。
でも、そういう自然とともに生きてきた人たちの古くからのお話に作者は心をひかれたのでしょう。

私はインディアン(ネイティブアメリカンといったほうがいいのかしら?)や土着の素朴なお話が好きなんです。
短い文章ですが、とてもすてきな絵本です。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する