FC2ブログ

英語多読 “The Knight at Dawn”

再読を始めたマジックツリーハウスの2巻です。

読んでいてとっても楽しいです。以前に読んだときより楽しいみたい。
7年前に多読を始めた頃にこのシリーズを読んだときも楽しんでいたと思っていたのですけれど。
7年前は1冊英語の児童書が読めただけでうれしかった頃だし。

多読は辞書を使わないので知らない単語は飛ばして読んでいるのですが、このシリーズは子どもが知らないだろう単語をお話の中で説明してくれます。

最初に読んだのが7年も前なので、その時にどのくらい知らない単語があったのかよく思い出せないのですが、今読んでみると読み終わってから「あの単語はなんていう意味かしら?」って思わなかったみたい。少しは成長しましたかしら。

でも、7年前、知らない単語があってもお話を読み違えていたなんてことはなかったわけです。
あまりたくさん飛ばしてしまうようだとお話がわからなくなってしまいますから、その時の私の力なりに読めていて本のレベルも自分に合っていたということでしょう。

このシリーズは読みやすさレベルYL3の基準にしていたと思います。
(最近レベルなどのことをチェックしていないので古い情報かも~)

        

★The Knight at Dawn(MTH #2) / Mary Pope Osborne

ジャックとアニーはツリーハウスで恐竜の時代に行って危ないところを逃げ帰ってきたばかりです。(1巻)
自分たちでも夢だったのか?と思いながらツリーハウスへ行ってみるとそこにはまだツリーハウスがありました。
たくさん置かれている本の中からアニーは黒い馬に乗り鎧をつけた騎士の本を手に取ります。
ジャックが止める暇もなくアニーは「この騎士に会いたい」と願ってしまい二人はツリーハウスとともに騎士の時代へ...


西洋の鎧や兜、弓や盾をゲームとかで知っていると読みやすいかな~。
知らないからといってこういう単語を使って会話をするか?というとしないだろうなぁ~。
外国人を日本のお城なんかに連れて行った時に日本の鎧兜が飾ってあったら使うかな。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する