FC2ブログ

英語多読 “One Fine Day”

図書館でお借りしてきた絵本です。
私が通っている図書館には今年入ったようなのですが、1972年にコルデコット賞を取った絵本です。

         

★One Fine Day / Nonny Hogrogian

とってもお天気のいい日にキツネが森を歩いて喉が渇いてしまいました。
おあつらえ向きに目の前にはミルクがありました。
おばあさんが柴を拾っている間に飲んでしまったキツネ、おばあさんに尻尾を切り取られてしまいました!
「尻尾を返してください。」「それならミルクをお返し!」とおばあさん!
キツネは牛にミルクをくださいと言いに行きますが牛は「草をくれたらあげるよ。」と言います。
キツネは草原に行って「草をわけてください。」と言うと「お水をちょうだい!」と言われます。
水を汲みに行くと...

キツネは尻尾を返してもらうためにあちらこちらと行かねばなりません。
まるでナーサリーライムのように繰り返し繰り返し~。

明るい色と素朴な絵が魅力の絵本です。

1966年にも“Always Room for One More”コルデコット賞を取っています。

         

こちらは長く歌い継がれたスコットランドの歌なので、スコットランドの言葉が難しかったですねぇ。
図書館にあったのでもう一度読んでみよう♪

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する