FC2ブログ

英語多読 “Haunted Castle on Hallow's Eve”

Magic Tree House シリーズの30巻です。
28巻までは語数5000語くらいでしたが、29巻からは倍くらいの語数になっています。
29巻からはA Merlin Missionといようですわ~。

私は4巻まで持っているのです。
その後はちょっと離れた図書館にあることがわかってお借りして28巻まで読んだのでした。

でも私が多読を始めた頃は市立の図書館にはなかったと思うのです。
あったかも知れませんが図書館の蔵書検索をパソコンでするなんてことその頃の私にはピンとこなかったのです。
検索できていても当時はインターネットで予約はできなかったのです。
便利になりましたわ~。

このシリーズを私が読んでいたのは7年くらい前。
多読を始めた頃、両親が同時に別の病院に入院したことがあって、病院に通う電車の中で読んでいたのでした。

バタバタと忙しかった頃だったせいかしら~、あまり憶えていないのです。
この30巻には以前の巻に出てきた少年が出てくるのです。
「そういえば~いたかな~」くらいにしか憶えていませんわ。記憶力が悪いのはもうとうに7年前から始まっていたのかー。(汗)

              商品の詳細

★Haunted Castle on Hallow’s Eve(MTH #30) / Mary Pope Osborne

ジャックとアニーがハロウィンのコスチュームの話なんかをしていると大きな黒いカラスが目の前に現れます。
これはサインよ!とアニー。二人がツリーハウスに行ってみるとMからのメッセージが...


crowもravenもカラスだと思っていたのです。
二つ呼び方があっても別に不思議じゃないと思って。
でもこの話の中でジャックがいうのです。
「crowにしちゃ大きすぎる。これはravenかも。」って。

raven crowなんて言い方もしますよね~。
じゃ~、ゴミ捨て場に飛んでくる大きなカラスはcrowじゃなくてravenなのかしら?

続きも図書館にあるようです。
予約しました~。ありがたいなぁ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する