FC2ブログ

英語多読 The Butterfly lion

 The Butterfly Lion / Michael Morpurgo 『よみがえれ白いライオン』

                       The Butterfly Lion.jpg

 ある日、寄宿学校で学ぶ10歳の少年が、そこを逃げ出します。
 逃げ出す途中、老婦人に出会い、お茶を飲みながらその老婦人の話を聞くのです。

 もうずいぶん前、同じように寄宿学校を逃げ出した少年バーティーの話を。
 
 バーティーは両親と住むアフリカで白いライオンのこどもを助けます。
 そのライオンと少年は兄弟のように育つのですが、少年がイギリスの寄宿学校に行く歳になった時
 フランスから動物を買いにやってきたサーカスに売られてしまいます。
 悲しむ少年は「いつか、絶対にもう一度あえるから」と小さな白いライオンと別れます。
 
 時が過ぎ、第一次世界大戦。青年になったバーティーは戦地に送られます。
 戦火の中、バーティーと白いライオンは生きてもう一度出会うことができるだろうか。
 
 
 自分の土地にチョークの(石灰?)の地層を見つけたバーティーは、
 1000年も前に誰が掘ったかもしれない有名なホワイトホースの描かれた丘を思い出し、
 白いライオンのその姿を地面に描きます。
 そこに、水を飲みに蝶たちが集まるよになります。そして、影のようなライオンの姿をうかびあがらせるのです。

 シンプルな英語で、語りかけられるような文章で、読んでいる間とても心地よかったです。
 お薦めの一冊。

 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する