FC2ブログ

ちょっと京都へ  (The ハプスブルク)

友人と『The ハプスブルク』を観に京都国立博物館へ行ってきました。
高校が京都でしたのでこのあたりはとっても懐かしい~。  

博物館の門は私の記憶にあったものとは違ってモダンになっていました。
外国で美術館に行ったときのそれに似ています。
写真を撮ってくればよかったのにね、写真を撮る気にならなかったのは懐かしいその姿と違っていたからですね、きっと。
博物館の建物は昔のままで懐かしかった~。

昔はおおらかで、美術の授業で絵の具を持って顔パス(制服パス?)でお庭に入れてもらったものです。
今より学校が京都に多かったので京都は学生に優しい町だったのです。

さて、The ハプスブルクの展示を見て回りました。
絵画の展示のしかたはガラスが入っていないのです。
向かい側の絵の写りこみもなく見やすいなぁなんて思いながら見て回りました。

ポスターなどで見るエリザベートやマリア・テレジアの美しさやベラスケスのマルガリータ王女のかわいらしさは言うまでもありません。
とくにエリザベートの絵があんなに大きいものだったとは!ちょっとびっくり!
圧倒される美しさと迫力に見入ってしまいます。
美しいマリア・テレジアのその姿が11歳とはこちらも驚きです!
ハプスブルク家のちょっとしゃくれたうけ口も(マリー・アントワネットにも受け継がれた)ちゃんと描かれていました。

他にもたくさんの作品があって興味深かったです。

入場者も多かったですが広いのでそれほどでもなかったです。
音声ガイドを借りていたので楽しめました。(高島政宏さんの声でした)

この日は雨が降ったり止んだり。
私が雨女で友達が晴れ女でして~。
そういえば以前のもみじを見に行ったときも。。。

お庭では梅の花が冷たい雨の中少し咲いていました。

  IMG_0190s.jpg

金銅八角燈篭(複製だそうです。)と白梅。

  IMG_0192s.jpg

お地蔵様と紅梅。
  
いいところですよ。
私この国立博物館が高校生の頃とっても好きだったなぁ~って思い出しました。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する