FC2ブログ

英語多読 “The Talking T.Rex”

A to Z シリーズの20巻です。

私が子供の頃恐竜のブームがあったんです。
よく恐竜展なんかもあったんですよ~。小学校の遠足で行ったりしました。
といっても男の子の間で流行っていたんでしょうが私は好きだったのです。
恐竜の名前なんか覚えたものです。

多読のお仲間の中でよく読まれている「マジックツリーハウス」のシリーズの1巻が恐竜の時代なのです。
これがあまり人気がないというか...恐竜って人気ない?
元恐竜好きのこどもだった私はカタカナで覚えた恐竜の名前が英語で書かれていて「へ~」なんて興味があったんですけどね。

アメリカなんかでは自分の国で恐竜の化石なんか出てくるのですから興味をもつこどもも日本よりは多いのでしょうね。

ABCの順番で題名が作られているのでこれはTだから20巻です。

   

★The Talking T. Rex (A to Z Mysteries#20) / Ron Roy

ディンクとジョッシュとルース・ローズの3人はモンタナで知り合った(14巻)ジュッドと会うことに。
ジュッドは他の二人と一緒にティラノザウルスの模型を買ってそれを使って恐竜博物館を作る資金を稼ごうと各地を回っているというのです。
ところが、ある雨の降る夜のこと今まで稼いだ資金が盗まれてしまった!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する