FC2ブログ

15年なんだなぁ

昨晩、テレビドラマを観てました。「神戸新聞の7日間」。
ドラマのはじめに映った昔の神戸新聞のビルを見て地震前の三宮の駅前を思い出していました。

今は神戸に住んでいるのですが、15年前は大阪に住んでいました。
地震前の地鳴りの音で目を覚まし「なんの音?」と思ったとたんに揺れはじめました。

もちろん、生まれて初めての大きな地震。
停電になりまだ暗かった。
枕元に置いていた電池を入れたラジオを主人がつけたけれどすぐには様子がわからなかった。

それからしばらくしてテレビなどで放送される様子は言葉をなくす光景でした。
でも、あの頃神戸で被災した人たちは自分の周りの状況など知ることはできなかったのです。

私が仕事から帰ってきても映し出される神戸はまだ燃えていました。
数日ニュースを見ては泣いていたと思います。
悲しいのだか、悔しいのだかわからない。


地震の後、ずいぶんたってその頃の話をすることがありました。
東京に住んでいた主人の妹や友達と話すとその温度差に驚きました。
その人たちが悪いのではありませんよね。きっと人ってそんなものなんだ。
でも、やっぱり私はその人たちと地震の話をすることはやめてしまいました。

今神戸に住んでいて、やっぱり地震の話をするのをためらいます。
きっと神戸の人たちは私に温度差を感じるのじゃないかと思うからです。
地震で家族を亡くした人、家をなくした人。
その人の気持ちを察することはできても...

15年たってその頃の話をしてくれる人もいます。
「そう、そんなことがあったの。」と聞いています。
話せない人もたくさんいると思います。重いものね。

ドラマの最後に「奇跡的に復興した神戸」と言っていましたかね。
奇跡は天から降ってきたんじゃないのです。
神戸の人たちがんばったんだ。(まだがんばってるの、ほんとはね。)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する