FC2ブログ

襦袢を縫い始めました

 和裁の教室に行ってきました。

 初めての単衣を縫った次は襦袢を教えていただこうと思って、襦袢の反物は買ってありました。
 浴衣の生地や木綿と違って、つるつる、しゅるしゅるとよくすべること。
 上に来た着物のすべりが良いためなのだからあたりまえですが、
 超初心者の私にはなかなか手ごわい。

 先週、反物を広げて見積もっていたらギリギリの長さです。(身長があるのでしかたありません)
 ところが、今週広げて見積もりなおすと生地が余ります。あれっ?
 先生に「先週はギリギリだと思ったのに、今週は余っています。私、間違ってますか?」
 と不安になってお聞きしました。
 聞いてよかったです!なんと片袖分しか取っていなかったのです。
 危うく片袖の襦袢ができるところでした。
 
 「ベテランさんでも、たまに間違ったりするのよ。」と慰められましたが。
 ノートに取るところからして間違ってかいていましたから、何を聞いていたのだか。はぁ。

 鋏を入れる前でよかった、よかった。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する