FC2ブログ

英語多読 ポターさんの絵本 5

ビアトリクス・ポターさんの家ヒルトップのあたりにSawreyというところがあります。
緩やかな丘、緑の木々、羊たち、それらはポターさんがいらした頃とそれほど変わっていないのではないでしょうか。

The Tale of Tom Kittenに少しだけ登場していたアヒルのジマイマ、彼女が主人公のお話です。
本当にポターさんのヒルトップの農園にいたアヒルがモデルなのですって。
ポターさんが描いたたくさんのキャラクターの中でも愛嬌があって人気のキャラクターです。

       

★The Tale of Jemima Puddle-Duck 『あひるのジマイマのおはなし』

ジマイマは生んだ卵を農場の奥さんに取られてしまって卵をかえせないことを不満に思っていました。
「どこか安心して卵をかえすことができるところはないかしら?」と農場からでてしまいます。
途中でであった紳士的なきつねに「それでは私の家をお使いなさい」と言われます。
うかうかときつねの口車にのせられたジマイマ!

間の抜けたキャラのあひるさんなのですが、後でちゃんと卵をかえします。
でもあんまり上手に卵の面倒がみられないようで4羽しか卵をかえせなかったの。
この絵本には旅行の日記にも書いたようにヒルトップのお庭や近くのパブの建物も描かれています。

次のお話は私の好きなこねこのトムが出てきます♪
やんちゃが過ぎてとんだ災難にあうのです!

       

★The Tale of Samuel Whiskers 『ひげのサムエルのおはなし』

やんちゃなこねこのトムは何を思ったか暖炉から煙突へ入ってしまいます。
ゴロンと転がり込んだのはなんとネズミの巣だったのです!
一方タビサ母さんは後の2匹をやっとみつけたものの、トムを見つけられずに取り乱しています。
従姉妹のリビーと一緒に探していると屋根裏の床下からゴロンゴロン(roly-poly roly-poly)と妙な音がします!
「トムはネズミに捕まってしまったんだわ!」「すぐに助けを呼ばなくちゃ!」

このお話は最初に出版された時は"The Roly-Poly Pudding"という題名だったそうです。
タビサさんの家はどうやらヒルトップのようですよ。
ヒルトップの家のあちらこちらがそのまま描かれていてヒルトップのポターさんの家を見てまわるのがとっても楽しかったです。

イングランド旅行の日記は9月22日の日記から書いています。
お時間があるようでしたらそちらも読んでくださいませ~

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する