FC2ブログ

英語多読 Lois Lenskiさんの絵本

Lenskiさんといえばスモールさんが思い浮かぶのですが。
スモールさんのシリーズの絵本は人気があるようで日本語版を図書館でたくさんみかけます。
私が行っている図書館には英語版も何冊が置いてありました。
このシリーズが最初に描かれたのは戦前です。
そんな頃からきれいなカラーの絵本があったんですねぇ、アメリカには。

今日読んだのはスモールさんか?と思いきや髪の色が違うので別人(別キャラ?)
スモールさんではなくてリトルさん一家のお話でした。

         商品の詳細
★The Little Family / Lois Lenski

リトルさん一家の平和な「起きてから寝るまで」ストーリー。
おかあさんは手でお洗濯、ほうきでお掃除、手作りのおやつ。
子どもたちもニワトリのえさやりなどお手伝い。
古きよき時代といったところですね。

全部現在形で書かれています。
「まぁ、だいたいいつもこんな感じの毎日」って感じが現在形だと感じられますね。

現在形ばかりなので読みやすさレベル0.5ってところでしょうか?もっとやさしいかも。
語数も300語ほどなのでミッフィーちゃんくらいでしょうか。
明るい色使いとほのぼの感が好きです。


         

★Mr. and Mrs. Noah / Lois Lenski

ノアの方舟のレンスキーさんバージョン。
小さな子から読めるノアの方舟のお話。
お話はご存知、旧約聖書の創世記。

こちらの読みやすさも0.5くらいだと思います。
「ノアの方舟」を知らなくてもやさしい単語ばかりで書かれています。

私は何度も絵本で「ノアの方舟」を読んでいますが、3人の息子たちの名前をおぼえていませんでした~。
セム、ハム、ヤペテ。

先月から聖書を読もうかなぁ~と、かいつまんで読んでいたので創世記は読みました。
この家族だけが生き残ったので、ここから地に人が広がっていったわけですね。
こういうのって西洋の小説を読んでいてもなにげに出てきているのでしょうか?
知らなかったから飛ばして読んでたのかな?


「スモールさん」のシリーズは以前に図書館でお借りして読みました。

 The Little Airplane.jpg The Little Train.jpg 
  The Little Sailboat.jpg The Little Fire Engine.jpg

もっとたくさん出版されているのですが、図書館ではなかなか見つけられませんでした。
いろんなお仕事をするスモールさん。転職マニア?

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する