FC2ブログ

英語多読 “Harry Potter and the Half-Blood Prince”

「ハリー・ポッターと謎のプリンス」が上映されましたね~。
Half-Blood Princeって「謎のプリンス」って邦題だったんですねぇ。
映画を観る前に以前に読んで忘れかけている“Harry Potter and the Half-Blood Prince”を読み直しましょうと読み始めました。

あまり思い出せないので前に読んだのはいつだったかなぁと記録を見ると2005年8月。
私がこのブログを始める前だったんだ~。

         

★Harry Potter and the Half-Blood Prince / J.K.Rowling

ホグワーツの6年生になったハリー、ロン、ハーマイオニーたちは学業も大変になってきます。
Potionのクラスを取るようにとマクゴナコル先生に言われたハリーとロンは図書館にある教科書をスラグホーン先生から借ります。
ハリーが手にした本には書き込みがあり、その通りにしたハリーはPotionのクラスで一番の成績をとります。
その本にはHalf-Blood Princeと書かれていました。
いったいHalf-Blood Princeとは誰なのか?
一方、ハリーはダンブルダー校長から特別講義(?)を受けます。
さらにヴォルデモートの力が強くなり、誰が味方で誰がヴォルデモート側なのか。
そして、ダンブルダーが信じるスネイプは味方なのか敵なのか。

1巻の頃にあった子どもらしいハリーのたちの物語は巻が進むにつれて暗い影をもった物語になってゆきます。


6巻を読み直そうと手に取ったら、なんと邪魔が入りました!ダンナです!
「まだ読んでなかったから読もうと思って。」って、なんで今やねん!
私が読み終わってからずっと置いてあったやん!もう4年やん!

取り合いして読んでました。
休みの日はダンナに取られてしまいました。
平日も帰宅してからは取られて、夜に落ち着いて読もうと思っても読めないのです~。

暑いから平日の昼間は読書に集中できなかったし。
おまけに私が持っているのはハードカバーで重い。(涙)
いつものように喫茶店で本を読むにも持って歩けません。

やっと読めました~。実質10日くらいでしょうか?
私の多読の記録はいい加減で、読み始めた日を書いていないので4年ほど前にこの本を読んだときは何日かかったか正確にはわかりません。
でももっとかかったと思います。3週間くらいかしら?もっとかな?

英語を集中して読めるようになってきたようです。
私なりに成長しているようです。(そりゃ~4年もたってますからねぇ。いくらなんでも...)
読んでいて知っている単語が増えた~と実感できました。
それと、以前は自分の実力以上のものをがんばって読むとその後力尽きたように読書のペースが落ちて停滞してしまっていたんです。
今度はそういうことがない。ちょっとうれしいな。

時々再読をすると自分の成長がわかっていいです。
多読ってなかなか成長を実感できないものですから。


ダンナは多読というほどではないですが英語の本を読んでいます。
私が多読を始めた後で多読の効果に疑問を持ちながら、そして多読3原則もしらんふりで読んでいます。
要するに辞書も使うし簡単なものから始めるなんてこともなかったです。
まぁ、電車の中で大の男が子どもの本を手にするのはなかなか勇気がいりますからねぇ。

300万語くらいまでは私が語数を数えてましたが...もうわかりません。
500万語くらいはいったでしょうかね。

今、ダンナは7巻を読み始めました。取り合いで読むのはこりごりなので私はまた今度。
そうそう、7巻を読みながら辞書を引いていたようです。
「載ってないなぁ、造語か...」ってさ。
英和辞書じゃなくて魔法辞書が必要だよね~、この本には。(笑)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する