FC2ブログ

英語多読 インディアンの伝説 

以前、グランドキャニオンに旅行に行った時に買って来た絵本です。
と言っても、ちゃんとアマゾンなどで買えるので、日本にいながら手に入るのですけれどね。
ビジターセンターなどで見かけるとその時に読みたくて買ってしまうの。

        

★The Girl Who Loved Wild Horses / Paul Goble

あるインディアンの村に馬をとても大切に思っている娘がおりました。
ある日、馬に水を飲ませに川に連れて行ったところ、空が真っ暗になり雷が響きはじめました。
娘は馬にまたがって逃げますと、矢のように馬たちは走り雷から逃れましたが道に迷ってしまいました。
次の日、娘が目を覚ますとそこには見たこともないような美しく立派な馬がおりました。
その馬は馬たちのリーダーだと言うのです。
娘は野生の馬たちと一緒に幸せにくらすようになるのです。
そんなところへ娘を探しに村人がやってきて...

インディアンに残る伝説だそうです。
なんだか『遠野物語』の『オシラサマ』を思い出します。

表紙に花が咲いている背の高い植物はヤッカ(ユッカかしら?カタカナにしにくい音です。)と言います。
インディアンたちは昔からこの植物の葉を使って籠を編んだり、根をシャンプーに使ったりとしていたそうです。

私も旅行中によく見かけました。
私が買ってきた籠のキットは、その昔インディアンたちがヤッカを使って編んでいたんですねぇ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する