FC2ブログ

英語多読 久しぶりにArnold Lobelさんの絵本

『がまくんとかえるくん』が小学校の教科書に載っているんですよね?
他にもかわいいお話があるのです。
私は気持ちがざわざわといそがしい時はこんなのんびりした本が読みたくなるのです。
もちろん再読です。

これは挿絵だけローベルさん。

         

★Oscar Otter / Nathaniel Benchley、 Pictures by Arnold Lobel 『かわすそのオスカーくん』

オターのぼうやオスカーは、滑り台を作ってバッシャーンと川に飛び込むのがお気に入り♪
ところが、ビーバーが家を作るために木をたおしていて、その木がじゃまですべれません。
もっと上からながーい滑り台を作ろうと思いついたオスカーくん。
でも、そのオスカーくんをねらうあやしい目...

これはAn I Can Read Bookのシリーズのレベル1です。
PreS-Grade 1となっているので幼稚園くらいの子どものレベル?
でもその子たちは自分では読めないでしょうから誰かによんでもらうのでしょうね。

SSSの多読でつけている読みやすさレベルでどれくらい?レベル0.5くらい?もうちょっとかな?

         

★Owl at Home / Arnold Lobel 『ふくろうくん』

ひとりぐらしのふくろうさんのお話が5話。

これ、ふくろうくんってよりふくろうさんって感じ。こどもじゃないですよ、おじさん?
ドアをノックする音にビクついたり、お布団の中に何かいるんじゃないかとビクついたり。

私、このお話大好きなんです。
子ども向けに書かれているんでしょうが、なかなか味わい深いのです。
涙をあつめて沸かしてお茶を入れるお話なんて大人向けじゃないかしら?
ちょっとしょっぱいお茶なの。

An I Can Read Bookのシリーズのレベル2です。With Helpと書かれています。
SSSの読みやすさレベルで...わかんない。レベル1.5くらいかな?レベル2ってことはないだろうと思う。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する