FC2ブログ

着物をきて和裁のお稽古へ

和裁のお教室に着物で行くことは私は稀なんです。
けっこう荷物も多いし、教室には袖がひっかかりそうなものがたくさんありますし。

今日は先生に長襦袢の長さを見ていただきたくてきていったのです。
肌襦袢、長襦袢、着物、全部先生に教えていただいたものです。

私、長襦袢の丈が長いものを持っているんです。
これが、ほんの少ししか長くないのにとても使いにくいのです。
着物の裾からほんの少し襦袢がでるんですよね~。

なのでついお稽古で縫うときに短かめに作ってしまったのです。
先日先生が「長いのも着にくいけど、短いと着物の八掛けが傷むしなぁ。」と。
「傷む...」これはまずい!

先生に見て頂いて、もう少し長くしたほうがいいということに。
内あげをしてあったので長くします!
着物がいたんでは大変ですから。

帯結びの本をずいぶん前に買ったままになっていました。
読み返していて「これやってみようかなぁ~」ってやってみたけれど...
慣れてないと難しいです~。本の写真のようには行きません。(涙)

           DSCN0507s.jpg

もっとお太鼓の部分をまあるくしたかったのですけど。
練習してみよ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する