FC2ブログ

英語多読 “Thicker than Water” Heartland #8

Heartlandシリーズの8巻。

母が営んでいた馬の治療所(心や身体に傷を負った馬を治療している。)を母亡き後引き継いでいるエイミー15歳。
エイミーと姉ルーはルーがイギリスの学校へ残ったために別々に育っていたが、母の亡き後治療所を手伝うためにアメリカへ残る。

姉妹二人の心の行き違いや、ティーン物らしいかわいらしい恋愛や、馬の治療所にやってくる傷ついた馬や人。
普段私が読んでいる児童書と比べてお話が複雑に二重三重に折り重なって進んでゆきます。

           

★Thicker Than Water / Lauren Brooke (Heartland #8)

エイミーが世話をしている馬ロージーは問題を抱えていて、原因がわからずにいた。
そのロージーに手をとられているというのに、エイミーは、ジョー・アンという少女の馬の世話まで頼まれてしまった。
時々ジョー・アンの言うことをきかない彼女のポニー、フェザー。
ジョー・アンの母は娘にポニーを手放すように言うのです。
エイミーはジョー・アンがフェザーを手放さないで済むように教えることができるのだろうか?

一方、母と離婚をした父がハートランドへやってくることになっていて、エイミーは落ち着かない。
小さい時に分かれていらい顔も合わせていない父、自分たちを捨てて行った人なのだと心から許せていないエイミー。
ところが、姉のルーはとても父に会いたがっていた。ルーにはやさしかった父の思い出がはっきりと残っていたからだ。


姉妹二人の父に対する思いの違い、すれ違い。
長く会うことがなかった父と娘たちはすぐにはうちとけることも難しく。
娘(姉妹の母)につらい思いをさせた張本人と顔を合わせることも嫌がるおじいさん。
と、人間模様も複雑になってきます、ティーンものになると。

なんだか連続ドラマを見ているようです。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する