FC2ブログ

次に縫う着物

母の塩沢お召が縫いあがったので、次に何をお稽古で教えていただこうかしら?と考えています。
自分で縫う3枚目の袷の着物。
そろそろ以前に買っておいた江戸小紋を縫ってみようかと。

一枚目は紬、二枚目は塩沢お召、どちらも生地がしっかりしていて扱いやすかったのではないかと思うのです。
上手に縫えるかしら?
江戸小紋の反物に鋏をいれるのはドキドキです。
先生にしっかり見ていただいてから鋏をいれなくては!

アップで写真を撮ってみました~。『夫婦円満』って書いてあるんですが、見えますか?

    八掛け 0020002.jpg

「夫婦円満なうちに縫わんといかんな~」なんてお教室で先生と笑っていましたが、そろそろ縫い始めなくちゃね。

八掛けの色に迷っていまして、最初に買ったのが右の桃色。
先生やお教室の先輩に見ていただいて、みなさん「若いからこの色でもいいわよねぇ。地の色に近い渋い赤やと長いこと着られるわよ。」と...
私「若い」という言葉にひっかかっちゃたんです。だって若くないもん~。(汗)
そりゃ~、先生や先輩方よりは少々若いですが、これから若返るはずもないわけで。

探したのですが、地の色にピッタリ同じというのは見つかりませんでした。
近いかしら?と見つけたのが左の紅色。好きな色ですがどうかしら~。

 八掛け 0010001.jpg

桃色の八掛けは自習で袷が縫えないものかと買っておいたお安い紬にどうかしら?
絹にナイロンなどが混ざったものです。

    八掛け 0030003.jpg

写真では見えないのですがちょっと薄桃色が入っているんです。
胴裏をつけないで八掛けだけの中抜きでしてみようかしら?

お教室で教えていただくのと同時進行だったら縫えるでしょうか。
頑張ってみようかな。

縫い始める前にこんなふうに八掛けを迷うのも楽しいですねぇ。
仕上がりを想像して楽しくなります。
縫いあがるのは...来年かな?(お教室の抽選に当選しなくちゃ~ 汗)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する